ホーム > 美容 > アンチエイジングと自然美

アンチエイジングと自然美

世の女性は、いつまでも若さと美を保ちたいと願い、40歳を過ぎる頃から、いよいよアンチエイジングという言葉に敏感になってくる方も多いのではないでしょうか。銘打った化粧品や美容グッズが無数に販売されています。色々と手に取って、実際に試してみるのもいいでしょう。

 

自分に合った商品が見つかれば、それは人生の強い味方になってくれるかもしれません。誰もがシミや皺のない美しい陶磁器のような肌や、 子供のように艶やかな髪の毛に憧れるものです。しかしながら、日々、老いていく現実。それに逆行しながらのアンチエイジング。究極の若返り、赤ちゃんや幼児のような肌や髪の毛を再び手に入れたい!と願い、目指し、努力するわけです。

 

現実的には、どんなにお金をかけて素晴らしい化粧品や美容グッズを使っても、そんなことは不可能です。勿論、必死の努力の甲斐あって、一見、シミや皺が減り、肌や髪の毛の色艶も甦り、ある程度の若返りに成功することもあるでしょう。それで充分、と思えるのであれば、それで確かに充分、そこでアンチエイジングの旅は終了です。

 

しかし、当然ながら、老いは止まってくれません。死ぬまで続くのです。では、その老いていく自分と常にイタチごっこで、次々と新商品を試し、あらゆるアンチエイジング商品を駆使して更にバージョンアップを図っていくのでしょうか。そんな努力も決して侮れません。何もしないで手をこまねいているよりは、遥かに効果が期待できるでしょう。

 

つまり、若さと美を追求する限り、女性は死ぬまでアンチエイジングの呪縛から逃れられないのです。一方で、老いていくのは必然、シミや皺も受け入れていこうという考え方があります。その時々で自分の年齢に合った自然の美しさを大切に、無理することなく自然に歳を重ねていこうとする姿勢です。

 

精神的には、あくせくすることなく、そのくらいゆったりと構えていたいと願うのもまた、女性の本音ではないでしょうか。年齢相応で、見苦しくない程度の外見を保ち、年老いていけるのであれば、それ以上を望まない。内面の充実感から溢れ出る輝きというものもあります。

 

ですが、内面を磨いていれば、イコール、外見までも美しくなれるかといえば、現実はそんなに甘くはないのです。むしろ、外見に目を背け、敢えて手を加えないで自然に任せ続けることにより、ある日、突然、鏡の中の自分の姿に愕然とする日が来るかもしれません。では、一体、女性はどうしたらいいのでしょう。いつまでも実年齢よりは若く、美しくありたい。同時に、年齢に合った自然の美しさも目指したい。不自然に若く美しくありたいとまでは思わないものです。

 

自然である美しさ、それこそがなかなか手に入れがたいものなのかもしれません。自然に放っておけば美からは遠ざかり、あれこれと手をかければある程度の若さと美を保てても、その努力は年齢を重ねるごとに更に大変なものになってくるでしょう。

 

最近の美容整形でも自然な美しさというが一つのテーマになっているといえるでしょう。そのため、ヒアルロン酸やコラーゲンなどを使用した自然な美しさを目指した整形が流行しています。

 

また、ナチュラルメイクが流行っているのは、女性が自然美に目覚めたからと言えるかもしれません。老いを受け入れ、否定した若作りや高望みの美を目指すのではなく、今ある自分に合った美しさを見つめる努力を惜しまない人にこそ、真のアンチエイジングと究極の自然美が備わると信じたいものです。

 

 

 


関連記事

  1. アンチエイジングと自然美

    世の女性は、いつまでも若さと美を保ちたいと願い、40歳を過ぎる頃から、いよいよア...

  2. 髪質と頭皮の関係性

      直毛とくせ毛、太い毛と細い毛など、髪質にはさまざまなものがあります...