ホーム > 外壁塗装 > 細かいヒビと表面の劣化のため外壁塗装をしました

細かいヒビと表面の劣化のため外壁塗装をしました

新築で購入した住宅の外壁も、20年近く経ち、細かいヒビが入り、また表面を指でなぞると白い粉が付く状態に塗膜が劣化しており、そろそろ外壁塗装を行うタイミングだろうと思いました。

こうした状態を放置していると、ヒビの口が広がり雨水が浸透し、住宅の梁や柱の躯体を腐食させる原因になりかねない事を知っていたので、費用は大変ですが住宅を長持ちさせるために実施しました。

信頼できる業者さんにお願いするのが重要ですが、新築時に塗装を担当した業者さんを不動産会社に聞いて、そこに依頼しようと考えました。

自宅よりも後に建てられた住宅の外壁が、我が家の外壁よりも劣化がひどい状態をよく見かけていたので、我が家の外壁塗装をされた業者さんの腕が良いのだろうと前々から思っていたのが、その業者さんに依頼しようと考えた動機です。

事前に見積もりをしてもらうと、ネットで調べた単位面積当たりの一般的な価格より若干安めであったので、その業者さんにお願いする事に決めました。

足場を組む業者さんが、数名で来られて狭い敷地にあっという間に足場を組み、その2日後に塗装業者さんが2人で来訪して作業を開始されました。

小さな塗装業者さんで、御主人が気さくで話しやすく、色々と説明しながら作業され、非常に安心感がありました。

ただ、大手のリフォーム会社の様にアフターサービスなどの保障契約はありませんでしたが、後々何か問題があれば、声を掛けて下さいと口約束ですが、フォローを約束してもらいました。

綺麗になったと共に、元の噴き付け塗装の模様を活かしつつ厚めに塗られた塗膜がツルッとし、これなら全く心配なく、長く品質が維持できるだろうと仕上がりに満足できました。

外壁塗装を行ってから数年が経ちましたが、現在もヒビもなく綺麗な状態が維持されており、全く問題はなく、その業者さんにお願いして正解だったと思っています。

三州ペイントの評判・クチコミ・利用者の声