ホーム > 社会保険 > 国民年金と厚生年金の違いを調べてみました

国民年金と厚生年金の違いを調べてみました

知っているようで案外あいまいところも多いのではないでしょうか。

国民年金と厚生年金。その違いを調べてみました。

 

国民年金は基礎年金と呼ばれ、日本に住む人の最も基本的な保障、最低ベースの保障となります。20歳以上60歳未満のすべての方が加入対象です。

 

社会保険の新規加入をする社労士はこちらへ。

 

 

それに対して厚生年金保険は、会社に雇われている人(従業員)と雇っている人(経営者)のための年金保険制度です。

 

そしてこの厚生年金という年金制度は、基礎年金に上乗せする形で存在すものです。

サラリーマンが払っている「社会保険料」は「年金保険料+健康保険料」で構成されていますが、この「年金保険料」には「国民年金部分保険料+上乗せのある年金部分の保険料」が含まれているのです。